不具合発生中・・・(@_@) 取り敢えず記事は見られる様にしました!!写真は少しずつ復旧します(^_^;)
Mac

SSDを初期化

スポンサーリンク

いよいよ初期化の話です。

前回の記事が↓コチラ

そんな訳でSSDを初期化する事にしました。

手順はこんな感じで進めました。

初期化手順
  • STEP1
    Time Machineを使ってバックアップ

  • STEP2
    SSDを初期化

  • STEP3
    macOSをインストール

  • STEP4
    起動して確認後、データを移す

STEP1 Time Machineを使ってバックアップ

普段からTime Machineでバックアップをしてるので大丈夫と思うけど
念の為、もう一度「今すぐバックアップを作成」を押してバックアップ。

STEP2 SSDを初期化

私は外付けのSSDをシステム用として使っているので
まずはiMac内蔵のHDDで起動しなおしました。

そして、ディスクユーティリティを使ってSSDを初期化。

私は基本、初期化してもTime Machineで復元ってやらない方なんだけど
前回はTime Machineの復元でデータを丸っと移してるので
「SN550-Data」と前に使ってたSSDの名前のままになって。

名前自体は関係ないと思うけど
データを移した時に何かしら不具合の原因になる様なものがあったのかなぁ?と。

そんな訳で初期化するために「消去」をポチッと。

一応緊張しながらやってたので、うっかりスクショを撮り忘れてましたが
フォーマットは「AFPS」、方式は「GUIDパーティションマップ」を選択。

スッキリ〜〜〜

うっかり名前を変更するのを忘れてました(^_^;)
どうしようか迷ってとりあえず「名称未設定」に変更しておきました。

STEP3 macOSをインストール

私はmacOS Montereyをクリーンインストールしたかったので
あらかじめApp Storeから「macOS Monterey」をダウンロードしておきました。

「macOS Montereyインストール.app」を起動して「続ける」をクリック。

「同意する」をクリック。

「同意する」をクリック。

インストールするディスク「名称未設定」(SSD)を選択して「続ける」をクリック。

ユーザ名とパスワードを入力して「ロックを解除」をクリック。

インストールが始まります。

ほぼ表示されてた時間でインストールが完了しました。

STEP4 起動して確認後、データを移す

システム環境設定>起動ディスク>SSDを起動ディスクにして再起動。

そしたら、35秒ほどで起動する様になりました!

今まで2分以上かかって起動してたので、ほんの一瞬に感じました(笑)
ホッと一安心です。

とりあえずベンチマークを。

前回の時のベンチマーク。

そしてシステム環境設定で色々設定を戻してから
アプリをインストールしたり、バックアップからデータを戻すことに。

何が大変ってこのデータを戻すのが一番大変かもしれません。
とにかく写真のデータがすごく多くて。

チマチマとデータを移動させると元の環境に戻るのには時間がかかるので
慌てずゆっくりやる事にしました。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
ウエスタンデジタル(Western Digital)
¥19,693 (2022/04/19 23:37時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コメント