不具合発生中・・・(@_@) 取り敢えず記事は見られる様にしました!!写真は少しずつ復旧します(^_^;)
国内旅行

石川旅行2

スポンサーリンク

朝ご飯〜

蛤のお味噌汁もありました!
で、夜ご飯がお腹に残ってるので、やっぱり食べ切れず(^_^;)

さてさて、輪島の朝市を目指して、更に北上。
途中で、展望台があったので行ってみました。

キレー

そして10時半頃に、やっと輪島に到着。

散々悩んで、あるお店でお買い上げ。
「いくら?」って聞いたら
「朝は一杯3000円で売ってたんだけどねー五杯で10000円〜」
って言われたんだけど
「そんなにいらんし!」って言ったら
結局、カニ二杯と甘エビ3袋(ビニール袋に入ってた)
のどくろとフグの干物、更に塩辛つけて5000円でお買い上げ。

とりあえず、買いたかったカニ・甘エビ・のどくろが買えて満足〜(*^^*)

駐車場までの帰り道に井戸があって
ちょっと遊ばせてもらいました。

次は千枚田へ。

バタちゃん、何してるん?(笑)

能登塩たい焼き

ほんのり塩味、もちもち生地で美味しかった!
中のあんこもトロトロで私好み(^^)

そして次。

なんでもパワースポットらしいんだけど
私は違うパワーを感じちゃって
写真を撮った位置から一歩も動けず。
あ、写真はズームしちゃったから近く感じるかも?だけど
実際は離れてます。

何も感じない3人は喜んで入って行きました。
トリミングして・・・

せっぷんとんねる。←ネーミングが・・・(^_^;)
車まで戻って振り返ると、こんな看板が。

日本海に向かって大きく口を開けた「福が穴」(開口幅約20m、奥行き約70m)は、その昔、修験道の祖といわれた役小角が修行したという伝承があります。後の世にも修験者がたびたび洞窟に籠って護摩を焚き、人々の幸せのために仏像を掘り、修行されたところです。
今でも宇宙に浮遊する威力や母なる海の生命力が波涛音となって絶え間なくそそぎ(曽々木)込まれ、奥に鎮座する不動明王が人々を救済するために奥に収束した「気」を解き放っています。
ふしぎ穴「福が穴」は、霊験あらたかな幸福が集まる「福がある穴」です。

だって。
ピロシキに「で、仏像はあったの?」って聞いたら
「え?なかったけど?」だって。

そして、能登半島最北端へ〜

しかも「日本列島ここが中心」ですよ〜

そして今度は見附島(軍艦島)

さ、寒かった・・・(@_@)

えんむすびーちで鐘を鳴らす2人

ご縁がありますよーに(笑)

そして既に2時半を過ぎてたのでお腹ぺこぺこ。
近くのお店に入ったら、ちょうど団体さんが入った所で
「時間がかかるけどいいですか?」って言われて・・・(T_T)

仕方ないので、近くにあったコンビニでパンとかオニギリとか買って
食べました。

ただ、コレが良くなかったのか
この後お腹が痛くて・・・。

前からそうなんだけど、お腹過ぎすぎるとお腹痛くなるのよね。

結局、治る事なく家に着き、そのまま就寝・・・(^_^;)

コメント