不具合発生中・・・(@_@) 取り敢えず記事は見られる様にしました!!写真は少しずつ復旧中・・・

WishList / First single を買いました

久しぶりの更新です(^_^)
私がバタバタとしていて更新していない間
このブログのアクセス数が上がっててビックリ。
NORAZOがHEY HEY HEYで紹介されたり
新潟のライブに出演したりした為ですね〜。
右側のメニューバーにある「人気記事ランキング」を見ても
一目瞭然です(^^)
NORAZOを検索してたどり着いたのに・・・????な方が
沢山いらっしゃるかも知れませんね(笑)
さてさて。
やっと手に入りました〜♪
WishList / First single

曲はDLしていつも聞いていますが
やっぱりCDを持ってなくちゃ〜って思って買いました。
ただ私の環境が悪いのか、注文を確定する事が出来ず
先生に頼んで注文して貰い
先生の実家(韓国)に発送→先生が韓国へ帰省→日本へ
という手順を踏みました(笑)
(先生、ありがとう!)

歌詞カードの一部

なかなか凝ってる〜。
曲に関しては、またそれぞれアップして行きますね。
お楽しみに〜(*^^*)
シングル「First Single」
2008年9月3日 発売

01.화성으로 돌아간 스쿠터
02.00700
03.바보똥개멍충아(Feat. 유미)
アルバム紹介(原文はコチラから)

Wish List가 들려주는 3부작 이별 이야기.
Wish Listが聞かせる3部作の別れ話。
잊고 있던 감성을 한번 다시 꺼내보게 만드는 Wish List의 첫번째 싱글 앨범이 발표되었다. 누구나 공감할 수 있는, 너무나 일상적인 이야기들이 담긴 가사와 쉽고 편안한 멜로디, 미니멀한 사운드와 부드러운 목소리의 어울림으로 다가오는 자연스러운 느낌의 노래들. 그 하나 하나가 이어져 이번 싱글 앨범 전체가 한편의 이야기를 그려내고 있다.
忘れていた感性をもう一度取り出して見るようにするWish Listの最初のシングルアルバムが発売された。誰でも共感できる、あまりにも日常的な話が込められた歌詞と簡単で安らかなメロディ、ミニアルなサウンドと柔らかい声の調和に近付く自然な感じの歌。そのひとつひとつが繋がって今回のシングルアルバム全体が一編の話を描き出している。
첫번째 트랙인 “화성으로 돌아간 스쿠터”는 가벼운 포크 락 스타일의 곡으로 “(화성에서 온) 남자”의 이별을 노래하고 있고, 두번째 트랙, 프렌치 일렉트로니카를 표방하는 “00700”에서는 해외로 떠나 헤어지게 된 연인의 사이를 담담하지만 가슴 쓰리게 묘사하고 있으며, 마지막 “바보똥개멍충아”에서는 여자가 키우는 강아지의 시선을 빌어 조용히 마무리 짓는다. 각 트랙의 스타일은 저마다 다르지만 그들의 이야기는 동일 선상에 있다.
最初のトラックの「火星に帰ったスクーター」は軽いフォークロックスタイルの曲で「(火星から来た)男」の別れを歌っていて、2番目のトラックはフレンチエレクトロニカを標榜する「00700」では海外に発って別れる事になった恋人の仲を淡々だけど胸が痛むように描写していて、最後の「ばか、ばか、ばか」では女性が育てる子犬の視線を借りて静かに仕上げている。各トラックのスタイルはそれぞれ違うが、それらの話は同一線上にある。
곡마다 어울리는 비쥬얼 아트도 빼놓을 수 없는 Wish List 만의 자랑거리다. 인터넷을 조금만 검색해도 그들이 직접 제작한 싱글 각 곡의 뮤직 비디오를 볼 수 있으며, 네이버에서는 이례적으로 뮤직 비디오가 두 차례나 메인 페이지를 장식하며 그들을 널리 알렸다. 그 독특한 스타일에 담긴 따뜻한 감성이 많은 사람을 공감하게 한 것이다.
曲ごとに似合うビジュアルアートも見逃せないWish Listだけの自慢の種だ。インターネットを少し検索しても彼らが直接制作したシングル各曲のミュージックビデオを見る事ができ、ネイバーでは異例のミュージックビデオが2度もメインページを飾り彼らを広く知らしめた。その独特なスタイルに込められた温かい感性が、沢山の人達を共感するようにしたのだ。
이미 작사, 작곡, 편곡, 비쥬얼 디자인을 아우르는 Wish List 프로젝트는 음악 외에도 다방면의 감성 코드로 활동 반경을 넓힐 준비를 하고 있다. 온라인을 시작으로 오프라인 카페, 갤러리 등의 다양한 모습으로 종합 창작 집단으로서의 위상을 구축하고 있으며, Wish List 자체가 하나의 라이프 스타일을 제시하기 위해 노력하고 있다.
既に作詞、作曲、編曲、ビジュアルデザインを一緒にするWish Listプロジェクトは音楽の他にも多方面の感性コードで活躍範囲を広げる準備をしている。オンラインをはじめ、オフラインカフェ、ギャラリー等の多様な姿で統合制作集団としての地位を構築していて、Wish List自体が1つのライフスタイルを提示するために努力している。

CDの購入はコチラ↓
HYANG MUSIC
ダウンロードサイトはコチラ↓
Mnet
soribada

コメント