サムイ島に行きました 3

6時半に起きて準備をし、朝食を食べた。
この日はコーラル島まで日帰りツアーのオプションを頼んでいたので8時半にお迎えが来る。
大勢で行くのかと思ったら、私とピロシキの二人だけで後はガイドのサンパウさん。
やっぱり、時速80キロ位で走っていきます。
道路はそれ程広くなく、信号は1つだけ見つけました。
よく車とすれ違いますが、スムーズに流れます。
どうやら、乗車人数の多い方が優先みたいです(笑)
あと、原付に親子4人で乗っているのもよく見かけました。
途中、日本の昔の町並みの様なところを抜けて行きます。
そこだけ不思議な感じでした。
サムイ島はやはり仏教色が強く、南の島=トロピカルというイメージではありませんね(笑)
ホテルから30分位すると港に着きます。
すぐ近くのショップに立ち寄ってシュノーケルセットを借りました。

ココが港・・・?(^_^;)と言うような所。
遠浅なので、ショベルカーで穴を掘って船着き場を作った、という感じ。
船も所謂ポンポン船(笑)
ま、コレはコレでいい味を出していました。


写真は白く抜けちゃったけど、手前が浜辺で船のあるところが港。
その向こうが海でコーラル島が見える。
船に揺られて30分程で、コーラル島の近くまで連れて行ってくれる。
ココがシュノーケリングのポイントらしい。
うーん、海はあまり綺麗じゃないかも(^_^;)と思って海に入ってみると、たくさーん魚がいる。
サンパウさんが持ってきたパンを貰うと、魚がどんどん寄ってきて、お尻まで突っつかれた(笑)
シュノーケリングは去年、ボラボラでやっていたので、最初は恐かったけどすぐに慣れて
一人でプカプカと魚を見て楽しんでいました。
ココの珊瑚は10年位前に殆ど死んでしまったらしく、余り綺麗じゃなかったけど
それでも沢山の魚たちが見れて大満足。
大きいフグがいたので喜んでいると、サンパウさんが「サメはいた?」だって。
ここにはサメが沢山いるらしい(^_^;)
私は1度休憩しながら、魚をみて遊んでいたけど疲れてしまったので
船にあがってみんなのシュノーケリングしている姿を見ていました。
救命胴衣を付けてシュノーケリングしてるカップルがいたけど
いくら泳げなくてもそれは辛いと思うな〜とか(笑)
私も泳げないけどフィンをつけてバタバタしてれば一応浮いてられるし。
ピロシキはちょっと離れたポイントまで行ったみたいで
「あっちの方が綺麗だったよ」って言ってました。

お昼に島へ上陸。


島の船着き場はこんな感じですが、サムイ島でも殆ど変わりません(笑)
左側の船が私達が乗った船です。
ね?ポンポン船でしょ?(笑)

船着き場のすぐ目の前にコテージがあって、ここでも泊まれるようになってるみたい。
トイレとシャワーを借りました。
トイレはホテルや空港は大丈夫だけど、普通はトイレットペーパーはなくて
水桶に水が入っていて、手桶が置いてある。
ココもそうかなぁ・・・と不安だったけど
一応コテージという事で、トイレットペーパーは備え付けてありました。
もちろん、手桶で水を流すのは一緒ですが。

そのコテージのレストラン(?)でお昼ご飯を食べました。


うーん、美味しい(^-^)
特にチャーハンは最高でした。
魚は鯛みたいな魚の唐揚げだったけど、なんだろう?
あと野菜炒めみたいなのと、エビのフリッターみたいなのと
白菜とか蒲鉾みたいなのが入ったスープ等。
デザートにはパイナップルとスイカ。
「美味しかった〜」と言うとコテージの奥さんは嬉しそうに笑ってくれました(^-^)
お腹一杯食べた後、浜辺のヤシの木の陰にイスを並べて
本を読んだりウトウトしたりして1時になってからホテルへと戻りました。

ホテルに戻ってからは、プールへ遊びに行ってきました。
ホテルのプールは2つあって、船の形をしたプールで泳ぎました。
このプールも実際の船を改造して作られているみたいです。


私は、一応13メートル位は泳げることが確認できました(笑)

そうそう、クイズ$ミリオネアにそっくりな番組をやってました。
タイ語でよく分からなかったけど、しばらく見て楽しんだ後、夜ご飯。
中華のビュッフェかな?
やっぱり、タイ料理と中華の違いって、よく分かんないや(^_^;)

ご飯から戻ってきてからはフィフスエレメントを見てました。
こっちは英語版でタイ語の字幕スーパーが出てました。
どっちにしても全然分からないので、結局途中で寝ちゃいましたけどね(笑)

linkshare
ベルメゾンネット
スポンサーリンク
ad

シェアしてくれたら喜びます(*^^*)/

フォローしてくれたらもっと喜びます(*^^*)/

スポンサーリンク
ad