GarageBandを使って、トラック毎に分割してみました。

韓国語能力試験の듣기の音声ファイルはトラック毎に分割されていないので
ディクテーションをする時にちょっと不便なんです。
なので、なんとかならないかなぁ?と思って調べてみると
GarageBandでも出来るらしいので、やってみました。

ところで。
前は私のMacBook Proに入ってたGarageBandが
なぜかなくなってるーーー(T ^ T)
しかも、前は無料だったのに今は500円なんですね。

なのでピロシキのMacを借りて作業してたのですが
なぜかマウスを認識してくれなかったり
分割したファイルをメモリに入れて移動させるのも
だんだん面倒になってきて
「500円で解決するなら買ったら?」と言われて
すぐにGarageBandをダウンロードしました(笑)

GarageBandは基本、音楽制作の為のソフトなので
音声ファイルをトラック毎に分けるのは
ちょっとだけ手間?ですが
バグ?と思うようなところもありました。
まぁ、私のように、あまり色々なソフトを入れたくない・・・
できればApple製品を使いたい・・・と言う方にはオススメ(?)です。

GarageBandを起動して、ファイルをドラック&ドロップで取り込み
分割したい場所に「再生ヘッド」を持ってきて・・・

Garageband1
編集>再生ヘッドの位置でリージョンを分割 を選択

Garageband2
とりあえず、これをひたすら繰り返してトラックごとに分けていきます。

この時に、無声部分を切り分けていってもいいけど
無声部分は後からカット出来るので
私は分かりやすいトラックの頭になるところで分けていきました。

いよいよ、iTunesへ書き出していきます。

最初のところへ再生ヘッドを置き、切り出したい所へマーク(左向き三角?)を置きます。

Garageband4
マーク(左向き三角)が分かりにくいと思うので、拡大しておきます。

Garageband3
これは初めての作業の時は、ファイルの一番最後にあると思うので
スクロールして持ってきます。

この再生ヘッドを置いた所からマーク(左向き三角)を置いた所までが切り出されるので
最後の方の無声部分をカットするために、適当な所へ置きました。


共有>曲をiTunesに・・・ を選択。

Garageband5
タイトルやアーティストなど項目を入力して・・・(別にしなくてもいいけど・・・)

Garageband6
「共有」をクリックすると、勝手にiTunesへ読み込んでくれます。

次のトラックへ移る時は、編集>削除して移動 を選択すると・・・

Garageband7
iTunesへ書き出ししたトラックを削除して、次のトラックを先端に移動してくれるので
作業しやすくなります。

あとは今までのを繰り返していくだけです。

もしかしたら、もっと簡単な方法があるのかも知れませんが
私がやった方法は以上です〜(*^^*)

これで問題ごとに分割したので
ディクテーションする時にとても楽になりました(嬉)


価格: ¥500(掲載時)

linkshare
ベルメゾンネット
スポンサーリンク
ad

シェアしてくれたら喜びます(*^^*)/

フォローしてくれたらもっと喜びます(*^^*)/

スポンサーリンク
ad