PalmとSO504iの赤外線通信

SO504iの赤外線通信機能を利用して
Palmのアドレスや予定を送受信する事が出来るので
やってみました。

Palm → SO504i

Palmの設定

アドレスなら「アドレスの赤外線通信」
予定なら「予定の赤外線通信」を選択

SO504iの設定

「メニュー」>「ツール」>「赤外線通信」>
「1件受信」を選択


SO504i → Palm

SO504iの設定

送信するデータを表示>「機能」>「赤外線1件送信」

Palmの設定

特になし
あ、電源を入れておいて下さい(笑)


#Palmは「環境設定」>「一般」で「赤外線通信の受信」をオンにしておく。


スケジュールの繰り返し設定に対応していない
SO504iには読み仮名の項目が半角対応のため削除される
PalmからSO504iに住所を送信した場合
「国、郵便番号、都道府県、市町村、住所」の順で
連結され登録される
などの制限があります。
詳しくはコチラで確認して下さい。


PalmからSO504iへ転送してみて気が付いた事は
Palmのアドレスで携帯電話と自宅の電話を登録してある場合
「アドレスの詳細」>「アドレス参照」を「携帯」にしておくと
SO504iに転送すると携帯電話の番号が先に登録されます。


【関連記事】vCard 1 : ARENA2.2からPalmDesktop4.0へ
【関連記事】vCard 2 : PalmDesktop4.0からARENA2.2へ

linkshare
ベルメゾンネット
スポンサーリンク
ad

シェアしてくれたら喜びます(*^^*)/

フォローしてくれたらもっと喜びます(*^^*)/

スポンサーリンク
ad